1. >
  2. >
  3. 医療事務

医療事務

投稿者:

医療事務の仕事内容

今も昔も人気の資格のひとつが医療事務ではないでしょうか。ほとんどの方が、医療事務という資格について一度は耳にしているでしょう。しかし、肝心の仕事内容についてですが、医療事務の具体的な仕事内容というのは、意外に知られていないように思います。ここで、医療事務の仕事内容についてお話をしてみましょう。

仕事内容ですが簡単に言えば
「病院に訪れる患者さんの受付」
「診療のお会計」
「入院しなければならなくなった方への対応」
「秘書に関する役割をこなす」
「レセプト業務」
などが挙げられます。

おそらく、「医療事務」というと、多くの人が「受付」「会計」を挙げるでしょう。しかし、実際には他にも色々な役割をこなす職業であり、決して楽な仕事ではないようです。ただ、事務を淡々とこなしていればいい、という仕事ではないというのは確かでしょう。

医療事務の仕事の中で、特に重要視されるのが「レセプト業務」です。レセプト業務とは、保険証を使って診療を受けた人の保険会社に、診療料金を申請する仕事。このような、重要な仕事をこなすことも、医療事務の仕事のひとつです。

医療事務の資格

医療事務の仕事は、資格が比較的とりやすいので、他の業種から転職をする人も多いです。もちろん、人気の資格であることから、競争率も非常に高い資格です。この仕事に転職するなら、転職サイトを使って細かく「転職情報」を見る必要があるでしょう。

医療事務は、基本的に資格取得が必要な仕事ではありませんが、やはり就職に至っては「医療事務の資格」を求められることが多いとか。医療事務の仕事は決して簡単なものではありませんので、やはり資格を取得しておいた方が、就職には有利なんではないでしょうか。

試験や資格取得についても簡単に紹介していきましょう。この中から、自分がどの診療内容を選ぶかどうかが重要になりますので、しっかり考えましょう。

まず、難易度が非常に高いと言われているものが「医療保険事務協会・診療報酬請求事務能力認定試験」。なんと、この試験は合格率が30パーセントという高い難易度です。試験内容は、レセプトの作成とマークシート作成。医療事務の中でも「難易度が高い」と言われるこの資格は、取得すればかなり有利になることは間違いありません。

もちろん、どの医療事務の試験を受けるかによって、試験内容も変わります。もし医療事務の試験を受けるなら、自分が受けようと考えている試験の過去問題を探さなくてはなりません。