1. >
  2. >
  3. ケアマネージャー

ケアマネージャー

投稿者:

介護の世界の道しるべとして

介護の世界で、近年になって注目されている資格に「ケアマネージャー」というものがあることをご存知でしょうか。介護の世界は、もともと「まだまだ未熟な業界」と言われていて、その制度が目に見えて整いはじめたのはつい最近です。あるいは、もともと制度があったとしても、よく知られるようになったのはつい最近ですね。

この為、最近まで「ケアマネージャーの資格」はあまり知られていなかったのですが、近年になって介護職の必要性が注目されると共に「ケアマネージャー」の資格がクローズアップされるようになりました。今は、介護の世界において中心的な役割を果たす資格として、多くの場所で知られている資格になっています。
そんなケアマネージャーについて、触れてみたいと思います。

ケアマネージャーとは、つまり「介護の世界で道しるべをする存在」のこと。介護には利用できる制度やシステムが数多くありますが、そのすべてが複雑であるために、すべてを知るには時間がかかります。それこそ、「介護制度を利用したい」という人がその精度について調べてみても、「良く解らない」ということで終わってしまうことも多いのです。

そんな時に活躍するのが「ケアマネージャー」の存在。ケアマネージャーは、介護の複雑なシステムについて利用者に説明し、その利用者がどんな制度を使うことができるかについて考えます。そして、その利用者さんにとって一番いい介護プランを考えます。

その利用者さんの介護は、このケアマネージャーが考えたプランに沿って行われることになりますので、ケアマネージャーが果たす役割というのは非常に大きいものになっているのです。

ケアマネージャーになるには

介護の世界において、ケアマネージャーは非常に重要な役割を果たす仕事のひとつ。この為、「誰でもなることができる仕事」ではありません。ケアマネージャーになるには、介護に関する実務経験が5年以上なければいけませんので、そのことを考えても、非常にハードルが高い資格であると言えるでしょう。

その上で、ケアマネージャーの資格試験に合格もしなければなりませんので、注意が必要です。介護は、今後の日本において非常に大きな存在になることが解っているお仕事。つまり、今後はケアマネージャーに課せられる課題も非常に大きくなりますので、「介護職でスキルアップを目指したい」と考える人にとっては、重要な資格になるということです。