1. >
  2. >
  3. 准看護師

准看護師

投稿者:

准看護師とは

准看護師とは、都道府県に認定されている看護の資格のことです。一般的な看護師と同じ様に、医師の指示を受けて診察の手伝いをしたり、点滴や血液採取といった作業を行ったり、医療現場において色々な役割を果たします。

看護師と准看護師の違い

准看護師と比較される資格のひとつに「看護師」があります。では、看護師と准看護師の資格はどう違うのでしょうか。

まず、看護師と准看護師は「認定する機関が異なる」という点が挙げられます。
看護師は国家が認定を行う国家資格ですが、准看護師は都道府県が認定を行う資格ですので、この点においてまず大きな違いが見られます。

また、仕事内容にも若干の違いがあるとか。看護師の場合、自分の判断で看護をすることが可能。
しかし准看護師の場合は、看護師や医師などの指示を受け、その通りに看護をします。この様に、看護師と准看護師には大きな違いがあることが解ります。

しかし、現実的にこのくらいの差があるかというと、それにはまた異説があり、「現場では看護師も准看護師も仕事内容は変わらない」としているところも。

実際、多くの場所で「仕事内容に違いはそこまで見られない」という議論がされていますので、看護師と准看護師の仕事内容には明確な違いはない様です。それでも待遇や給与の面では大きく異なることが多く、時としてこの点が大きな問題になることも少なくありません。

准看護師になるには

では、准看護師になるにはどうしたらいいのでしょう。
准看護師になるには、以下の方法が挙げられます。
・高校を卒業したあとに、看護学校に2年通う
・高校を卒業し、都道府県知事が決めた養成所を卒業したことで取得も可能です。
・看護師の資格を持っている人
・海外で看護学校を卒業し、日本国内において知事の認定を受けた人
参考:看護師の資格取得を目指す方に・・・
ちなみに、准看護師から看護師になることも可能です。

試験内容は四択制で、医学に関する基礎知識から看護学、法律問題など。ここで気になるのが、正看護師との試験内容の違いですが、正看護師の資格が状況判断を多く盛り込んでいるのに対し、准看護師の試験にはそれがない、という特徴があるとか。

准看護師のこれから

准看護師という資格は、一時期起きた「日本の看護師不足」を補うためにできた資格です。だからこそ、看護師よりも試験内容が簡単だ、という指摘もあります。

現在は、「将来的に、廃止される可能性がある資格」とも言われており、将来に関しては定かではありません。でも、現時点でも看護師とほぼ同じ仕事内容なのにお給料が低い、という指摘がありますので、まったく問題がない資格ではないことも確かです。

しかし、正看護師よりも早く資格取得をすることができるのを考えれば、転職を考えている人にとっては目指しやすいものかもしれません。