1. >
  2. >
  3. 薬剤師
薬

薬剤師

投稿者:

薬のスペシャリストである薬剤師になるためには、国家試験に合格する必要があります。
薬剤師の資格は仕事にも活かしやすく、活躍できる場が豊富にあるため多大な人気を博しています。

また、この資格が人気な理由は年収にもあります。
薬剤師の年収は平均で533万円ですが、中には1000万円以上稼ぐ人もいるなど、活躍の仕方次第では高収入の可能性を秘めている職種であると言えるでしょう。

国家試験の受験条件

仕事として活躍できる場が豊富にあり、また収入に関しても申し分が無い薬剤師ですが、これになるためには相応の努力が必要となります。
まず、薬剤師の資格を取得するためには国家試験を受け、これに合格する必要があります。
この国家試験自体も難しいことは勿論のことですが、より重要なことはこれ以外にあるのです。

それは薬剤師の国家試験を受けるためには、大学の薬学部で課程を修了する必要があるということです。
簡単に言えば、薬学部を卒業しなければ国家試験を受験することすらできないということです。
そのため薬剤師を目指すのならば、まずは高校を卒業するか大検を取ってから、薬学部を受験し、これに合格する必要があります。

高校生という早い段階から将来設計をしなければなりませんし、また勿論薬学部は人気が高い学部となりますので、相当の努力をしなければなりません。

活躍できる場所は?

薬剤師が活躍できる場所は、病院や薬局、ドラッグストアや製薬会社など多岐に渡ります。
それぞれの仕事によって収入は大きく変化する傾向がありますので、薬剤師の資格を取得してからも就職先をしっかりと選ばなければ後悔につながりますので注意しなければなりません。

最も人気が高いのは薬局やドラッグストアですが、ここで働く場合には年収が400万円から650万円程度となりますので、薬剤師としてはやや低めではあります。
しかしながら、ドラッグストアや薬局は店舗が全国に多くかまえられていますので、就職しやすいという長所があります。

それとは違い、製薬会社での仕事は出来高によって収入が決まってきますので、成果を挙げられる自信がある場合にはこちらを選ぶと良いでしょう。
製薬会社に就職した場合には、仕事内容は営業か開発の2種類となりますので、これについては好みによって選ぶことになります。

開発の場合には治験コーディネーターや臨床開発モニター、医療情報担当者といった仕事になり、こちらの場合には立場によって収入が変化してきます。
その一方で営業の仕事の場合には、自社製品を販売するのが仕事になりますが、多く販売すればその分だけ収入がアップする制度になっている会社が多いです。
成果がよく挙げられた場合には年収が800万円以上となることもありますので、実力に自信があるのならばチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。