1. >
  2. 資格とは

資格とは

資格にはたくさんの種類がある

「就職には資格取得が有利」と言われているとおり、現在は少しでも就職・転職活動を有利にする為に、資格取得を目指す人が増加しています。資格を持つということは、自分が持っている技術や能力を評価してもらえるということ。つまり、資格を取得していると、就職や転職に繋がる可能性も高いのです。

この為、資格を取得したい、と考える人も多いのでしょう。しかし、資格にも色々な種類があり、どの資格を取得するのか、あるいは「どのカテゴリの資格を取得するのか」によって、使える場が違ってきます。

また、国家資格取得を目指すのか、それとも民間や公的資格の取得を目指すのかでも、取得の仕方は全く異なるのです。この為、まずは「どんな資格が必要なのか」について、自分自身が知ることが重要です。
資格カレンダー:(http://haa.athuman.com/pr/shikaku/)

国家・民間・公的資格について

資格には、大きく分けて「国家資格」「民間資格」「公的資格」の3種類があります。この3種類の違いは、まず「認定を行っている機関」が異なります。

まず、「国家資格」の場合は国家が認定。「民間資格」の場合は、民間の団体が認定を行っています。
そして、「公的資格」ですが、この資格は民間資格と国家資格の間にある資格として認定が行われており、民間で認定が行われていることもあれば、国家で認定が行われていることもあります。

一番重視されるのは国家資格

数ある資格の中で、やはり一番重視される資格は国家資格になります。やはり、「国家が認定を行っている資格」は重要度も高いですし、それだけ企業側に重視されることが多いからです。

でも、だから民間・公的資格が駄目ということではありません。民間や公的資格の場合は、やはり「どの資格を取得するか」が重要になってくるとか。特に「公的資格」の場合、国家資格と同じくらい重視される資格もありますので、取得を目指す人も多いのです。

「企業側から重視してもらえる資格が欲しい」という場合は、やはり事前の調査が必要になるでしょう。「どんな資格が重視されるのか」について考えること。それが、就職や転職に合う資格を見つけることができる可能性に繋がります。

違いを理解して、資格を探す

上述した様に、国家資格・公的資格・民間資格には大きな違いがあります。もし、資格取得を目指すのであれば、将来的にどんな業界で働きたいのかを考えて、取得をする必要があります。

例えば、国家資格などは「社会に出てから取得を目指す」ということになると、学校に入りなおさなければならなかったり、とても大変です。それなら、学校に行くことができる学生時代に取得しておいた方が良いでしょう。この様に、「考えて資格をとる」ということが必要になるのです。